最近需要が高まっている葬儀形式|家族葬の特徴とは

増加する小さな葬式

数珠

お布施も少額ですむ場合も

大阪市城東区では小規模な葬儀をする家庭が増加しています。これは通夜や告別式、初七日法要を省いて火葬にする場合や通夜だけを省く場合もあります。また身内だけで行う家族葬も増えてきました。城東区で小さな葬儀を行う理由は、費用を抑えたい、大げさな葬儀を避けたい、人に知られたくないなど様々です。小規模葬儀の増加に伴い、これを専門にする葬儀会社も多くなってきました。小さい葬儀の専門業者は無駄な供花などを省き、祭壇も簡素化するなどして料金を安くしています。プランも定額制にして追加料金の請求なども行いません。また不必要なオプションも勧めたりすることもありません。遺族の中にはオプションを断りきれず契約してしまい、その結果費用が高額になってしまうこともあるのです。城東区の葬儀で高額になることが多いのが僧侶へのお布施です。お布施には戒名料や車代、食事代、心づけなどが含まれています。それらの合計でお布施は数十万円以上になることも多く、遺族にはかなりの負担となってしまします。小規模葬儀の場合は業者が提携している寺社の僧侶を派遣してくれることもあります。この場合お布施は定額となっているので安心です。中には数万円単位のお布施で済むこともあります。城東区で突然葬式をすることになった場合、遺族は慌ててしまい適当な葬儀会社を選んでしまいがちです。そして見積もりなども詳しく検討せずに契約してしまうことがあります。これは後で後悔することにもなりかねません。いざという時困らないためにも信頼できる葬儀会社を調べておくことは大切です。