最近需要が高まっている葬儀形式|家族葬の特徴とは

喪主の決定

葬儀場

責任を果たせる人を

不幸事はある日突然やってきます。しかし、事前に葬儀の流れを知っておけば、葬儀を滞りなく行えますし、悲しみにくれる遺族側にとっても余裕のある葬儀を進めることができるため、精神的な負担も軽減されるでしょう。宮前区で家族が亡くなった場合、葬儀の日取りを決めるとともに、誰が喪主になるのか、近親者への死亡通知、宮前区でどれくらいの規模の葬儀を行うのかなど、次から次へと協議して決めなければならないことが出てきます。喪主は、葬儀の主催者であり、弔問を受ける最も重要な役割です。故人に最も近い関係にあり、その責任を果たせる年齢や地位にいる人物を選ぶことになります。普通、宮前区では、妻が亡くなったら夫が喪主になりますが、夫が亡くなった場合、喪主は第一に妻が、さらに成人に達した子供がいる場合、その家の後継者ということで長男を喪主にすることもあります。子供が亡くなった場合は、両親のどちらかが喪主になるのが一般的です。但し、故人と血縁が深くても、高齢者や幼児はその責任を全うできないため、避けた方がいいでしょう。近親者に故人の危篤状態を知らせても、亡くなったら改めてその旨を知らせます。この際宮前区では、故人の勤務先や子供の場合は学校へもお知らせします。故人の社会的地位によって、社葬、団体葬となるケースもありますし、受付や会場係として応援を求めることになってもスムーズにいくように、早めに連絡した方がいいでしょう。